土地と不動産のトラブル

土地と不動産のトラブル

不動産を取得すれば、当然家を建てる人も多いですよね。

 

大半が家を購入するために土地を購入する人がほとんどだと思います。

 

不動産屋さんを通して購入すれば、色んなことを教えてくれるので、問題ないかのように思えますが、親切ではない不動産屋さんだと、近隣とトラブルになるケースもあります。

 

 

 

まず、家を建てるためには、幅が4m以上の道路に、敷地が2m以上接している必要があります。

 

土地だけ購入した場合、いざ家を建てようと思ってみたら、道路が4m以下で、自分の土地なのに後退して家を建てなければならないと発覚する場合もあります。

 

 

すると敷地の面積が小さくなる為建ペイ率や、容積率も当小さくなってしまい、希望していた家を建てれなくなる場合もあります。

 

 

 

元々持っていた土地でも、家を新築する際に古い家だったときはもう建っていたので交代する必要がなかったが、新築だと新しい基準になるために、後退する必要が出てきます。

 

私の隣の家では新しい家も古い基準で建てようとして、もっと後退する必要があると喧嘩になりました。

 

その際には隣の家の建築会社が仲裁に入ってくれ、隣の家が間違っていると説得してくれたので良かったですが、その土地にあった法律もあるので、よくその土地を調べてから購入する必要があります。

 

不眠症改善 サプリ http://不眠症.lolipop.jp/

土地や不動産の価格で景気状態を感じる

 

自分の資産をどのように持つかという事はよく考えると思います。

 

貯金として残す人も多いですが、土地や不動産を買って資産を残すという人も多いですよね。

 

 

 

土地や不動産を安い時に購入し、高い時期に売ってその差額で利益を得る人は多いです。

 

でもバブル前と最中の時に購入した人ならともかく、ここ20年の日本ではなかなかそういう形で利益を得るというのは難しかったと思います。

 

 

 

土地や不動産の値段の推移はバブルによって大きく変わっていくものです。

 

景気が良くなってくるとどんどん土地の値段が上がっていき、不動産の値段も上がっていきます。

 

この時に、今買っておかないといずれもっと高くなって手が出なくなってしまうという意識が世の中的に働くので買い手も増えてさらに値段が上がっていくんですよね。

 

 

 

これは過去の日本もそうでしたが、リーマンショック前のアメリカでも同じように土地の値段があがっていきました。

 

世の中の景気と土地、不動産の価格が高騰するのはやはり切っても切れないんですね。

 

東京オリンピックが決まりましたが、それによって開催地周辺の土地、不動産の価格も上がっていくと言われています。

 

本当に土地や不動産の価格が上がってきたときに、日本がまた景気が良くなってきたと感じられるのかもしれませんね。

土地と不動産を相続しました

 

私は親から遺産相続として土地と不動産をもらいました。

 

相続税は大変なものでしたが、きちんと支払い、土地は更地のままで置いていました。

 

不動産の方はマンションで、居住者がたくさんいるので家賃収入を得ています。

 

大体入居者は30世帯くらいでしょうか。今のところ空き室はありません。

 

 

 

土地はずいぶんとほったらかしにしていたので、売ろうかそこに家を建てて住むか迷いましたが、せっかく相続した土地ですしそこに家を建てることにしました。

 

土地を買わなくていいのですから、家を建てるだけの資金で済み、大変助かります。

 

家はハウスメーカーで注文住宅を建てることにしました。

 

設計から家が出来上がるまでは一年かかりましたが、大変満足したものが出来上がり、今その家に住んでいます。

 

 

 

マンションの方はだんだんと老朽化が進んでいるので、そろそろ修繕しなくてはいけません。

 

不動産を相続すると色々とお金がかかるものですね。

 

空き部屋が出るとその分収入は減りますし、マンションを経営するというのも大変です。

 

綺麗に修繕して管理をきっちりしていかねばなりません。

 

せっかく親が残してくれた不動産ですから、出来るだけ修繕をしながら、うまく経営をしていきたいと思っています。